KIGASS AERO COMPONENTS

企業沿革

当社は、4世代のウォードマン家によって所有され運営されています。

1924年に設立されたKey Brassは、チャーリー・ウォードマンがディーゼルエンジン向けのス ターターモーターを開発することにより始まりました。
第二次世界大戦を通じて、当社は、Kigassという名称のもとで、Spitfire航空機用プライマー ポンプを製造しました。同社の部品は、Spitfire航空機の現モデルに使用されています。戦後 、レックス・ウォードマンは、70年代半ばまで事業を運営しました。

その後、アーサー・ウ ォードマンの指揮の下、Kigassは、戦略的買収を通じて、リーミントンとワーウィックで自動 車や航空宇宙産業で働く1200名超の従業員を抱えるまでに拡大しました。

90年代後半、事 業の多くは売却されましたが、コアである航空宇宙と自動車スポーツ事業は、現在もワーウ ィックの事業所より繁栄し続けています。

最新ニュース

新拡張施設

Kigass Aero Componentsは5月に新たな30万ポンドの工場拡張施設を開設したことを幸いに存じます。 新たな施 設は新しいセキュリティ対応の材料保管と重要な追加工場を提供します…

詳細を見る